楽天が運営しているオーネットで多くの方との出会ってみませんか

結婚相談所の中でも最大級の会員数を誇っており、様々な出会いを提供


結婚できないと諦めていませんか??
オーネットで婚活する事で結婚相手を探す事ができ、結婚する事ができます。

■結婚相談所でも大手のオーネット

婚活するのであればオーネットを利用しよう

オーネットは結婚相談所の中でも大手と言われており、会員数も40220人(2013年11月)と結婚相談所の中でも1番多いと言っても過言ではない会員数を誇っています。この会員数が多い事から様々な出会いを提供して会員の方を結婚へと導いています。

データマッチングでの出会いを基本に、パーティーやイベントなども盛んに行われており、いろんな出会い方を提供してくれます。出会いを提供するだけではなく、困った時のサポート体制もしっかりとしています。

このサポートがあるからこそ会員の方が安心して婚活に取り組むことができるのです。イメージアップサポート、コミュニケーションサポート、婚活計画サポートと様々なサポート体制を整えており、会員の方を結婚できる人をと変えていく、成長させていくことを目的としています。

ただ単に出会いを紹介するだけでは素っ気ないですし、安心して婚活する事がでいませんよね。楽天が運営している事でも信頼されているオーネットで婚活してみてはどうでしょうか。

資料請求の詳細はこちらへ➡オーネットの口コミと評判

■楽天が運営している結婚相談所

安心の提供

オーネットは楽天が運営している結婚相談所です。会員の方に結婚できる環境を提供し、結婚できるまでサポートしてくれます。セキュリティや個人情報の保護には万全の注意を払っていますので、安心して婚活する事ができます。

オーネットに入会している会員の方全員に独身証明書を提出してもらっています。住民票などでは独身である事を証明する事はできませんが、公的独身証明書を提出してもらう事で安心して入会する事ができ、結婚活動に取り組むことができます。

このような安心の提供も婚活サービスでは重要になってきます。オーネットは楽天が運営しているので個人情報の漏洩などの心配はないでしょう。

オーネットなどの結婚相談所の詳細はこちらへ➡結婚相談所の比較ランキング

■グレーゾーン金利と過払い金請求

過払い金の事は弁護士に相談しよう

過払い金とは読んで字のごとく、払い過ぎたお金のことですが、一般的には特に借入金の返済の際の、取られ過ぎた利息のことを指します。 何故、過払い金の問題が発生したのかというと、利息に関する法律が2つ存在し、それぞれで異なる規定をしていたからです。

2つの法律とは1つは出資法、もう1つは利息制限法です。出資法の方が、上限金利が高く規定されています。そして、お金を貸す貸金業者は、上限金利が高い出資法で貸付を行っていました。ただ、出資法の上限金利は利息制限法に基づけば、違法な金利ということになります。出資法では合法、しかし利息制限法では違法な金利をグレーゾーン金利と言います。

当然、グレーゾーン金利は問題ですから、是正されることとなります。2010年に貸金業法と出資法が改正され、利息制限法に基づく金利に統一されました。ですから現在、グレーゾーン金利での貸付は行われておらず、また、過去に遡って、グレーゾーン金利による貸付で取られ過ぎてしまった利息は返金されるようになっています。利息の返金請求のことを過払い金請求と言います。

過払い金請求は個人で行うこともできますが、個人で請求した場合、貸金業者が応じないこともあるようなので、専門家に相談した方が良いでしょう。

詳細はこちらへ➡過払い金請求はこちらへ

■過払い金請求の理解と現状

まずは弁護士に相談しよう

今の時代、仕事をしていれば簡単にお金が借りられる時代になっています。 ショッピング系のクレジットカードや銀行のカードローン、消費者金融等様々な窓口で金融業が営まれています。今までにこれらの機関からお金を借りた 経験がある方も多いのではないでしょうか。

2010年6月に改正貸金業法が施行されました。この結果、お金を借りた場合の利息が15%から20%の間に統一され、今までグレーゾーンと言われた出資法の上限金利である29.2%と前述の20%の間でお金を借りていた人たちにとっては、利息を払い過ぎていたのではないかという疑念が浮かび上がりました。 このことが、過払い金請求のそもそもの理由となっています。

宣伝広告もヒートアップしました。もちろんすべての人が対象になるわけではありません。グレーゾーンでお金を借りていた人たちの中でも、その金利で借りていた期間や返し方などにより対象になる場合とならない場合がありますので、注意が必要です。ただ、金利を見直せる期間は10年以内です。もしかしたらと思ったら、まだ間に合うかもしれません。

詳細はこちらへ➡過払い金請求に特化した弁護士、司法書士

■債務整理は弁護士と司法書士が行えます

無料相談をおすすめします

債務整理の手続きは専門家の弁護士と司法書士に代行してもらうことができ、それぞれに特徴があります。 弁護士の場合は、借金の総額に関わらず債権者と交渉したり、代理で訴訟を起こすことができます。 一方司法書士がこれらのことを行えるのは、借金の総額が140万円以下までとなっています。 しかし、専門家に支払う報酬の面では、司法書士の方が安めとなっています。

また、司法書士の方が債務整理の経験が多いというケースも多くあります。 このため、整理したい借入金の金額によって司法書士に依頼するか、弁護士に依頼するかを決めるのが専門家に債務整理を代行してもらううえで最も有効な方法となっています。

140万円以上の借入金の場合には弁護士に依頼し、140万円以下の借入金を整理したい時は司法書士と弁護士を比較検討し、実績のある方の専門家を選択するとよいでしょう。 なお、自己破産、個人再生で債務整理を行う場合は訴訟代理権が司法書士にないことから、弁護士に依頼するのが最も良い方法であるといえます。

詳細はこちらへ➡債務整理の無料相談ができる弁護士はこちら